現在、最も熱いフロンティア市場と言われているミャンマーは、近年の政治体制の改革が世界中の注目を集めています。民主化への素早い移行が進んでおり、市場が解放されつつあります。それに伴い、ありとあらゆる業種・業界の企業がこの機会を逃すまいと世界中から押し寄せてきています。豊富な天然資源を始め、東南アジア最長の内陸の海岸線、いまだ開拓されていない市場など、ミャンマーにはアジアの経済大国になる可能性が大いに秘められています。しかし改革が行われて間もなく、多くの企業がミャンマーの出資法に関する不確実性に警戒しているのも事実です。法的な制約により、外国企業がミャンマーに資本を投資するための効率的で信頼できる方法は現在ありません。

また、現時点で、ミャンマーにはまだ金融セクターが無いとも言えるでしょう。株式会社リュージファイナンス (Ryuji Finance Co., Ltd.)は、ミャンマー連邦共和国で金融サービス・商品を提供する許可を公式に与えられた、国内初の会社の1つです。株式会社リュージファイナンス (Ryuji Finance Co., Ltd.)は、ミャンマーで投資する外国企業と、国内の有望な開発計画の橋渡しに協力することを目的の1つにしています。